So-net無料ブログ作成
検索選択

亀井氏支持、閣内の異論に違和感…郵政政策会議(読売新聞)

 政府は29日、今国会に提出する郵政改革法案のとりまとめに向けて、亀井郵政改革相らがまとめた最終案の骨格を与党議員に説明する政策会議を開いた。

 出席した約40人の議員のうち、発言した12人全員が、亀井郵政改革相と原口総務相による決定過程を支持した一方、仙谷国家戦略相ら閣内から異論が出ていることに対し、「違和感を感じる」や「もう少し慎重に発言すべきだ」など、批判が相次いだという。

 会議後に記者会見した大塚耕平・内閣府副大臣が明らかにした。

 ゆうちょ銀行の預入限度額を、現在の一人当たり1000万円から2000万円に引き上げる点については、「政策会議のこれまでの議論では撤廃すべきとの意見が強かったのではないか」などの指摘が出た。

 政策会議は2月22日の第6回会議以降、全面公開されてきたが、今回は「冷静に議論できる環境を確保したい」(大塚副大臣)として、冒頭のあいさつのみ公開された。

労組事務所を使用不許可=「市民の場に利用」と説明−鹿児島県阿久根市(時事通信)
<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
五輪招致検討費削除、広島市長「早急に打開策を」(読売新聞)
准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え−大阪大(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。